Ugrade 人材育成の道すがら

人材育成の道すがら、考えたこと・気づいたことを書き綴ります

本を読むことは好きですか?

ユーグレードでビジネストレーナーをしている安部です。

研修プロデュースや人材育成に関するコンサルティングをしています。

 

ブログを書き始めて1か月が過ぎました。

土日・祝日を除く、いわゆる平日に書こうと決めて書いていますが、

まだまだ慣れないなーという気持ちで、

未だに初々しい気持ちで書いてます(えっ(''_''))

 

さて、昨年から一人で仕事を始めてから1年半が経とうとしています。

会社を辞めた当初、実はビジョンとかやりたいこととか全く考えていませんでした。

ぼんやりと今までできなかったことをやろうかなぁ・・・っていう感じでした。

 

会社勤めをしていて時間がなかったからできなかったこと・・・

最初に考えたのは

 

本を読む

ということでした。

 

さあ、時間ができたから読むぞーということです。

 

 

f:id:ugrade:20170604114656j:plain

 

 

結果を先に言います。

おそらく昨年1年間の読書量を今年5か月分の読書量が追い越してます。

昨年1年間はほとんど本が読めなかったのです。

仕事が忙しかったから。独立直後で雑務が多かったから。

なんて言い訳です。

 

昨年の春先、自宅に作業する場所を作った時に、

読みたい本を15冊ほど目の前に並べました。

その本は1冊も読めませんでした。

何を読んでいたのか、あまり記憶にも残っていません。

 

本を読むのは嫌いではないはずなんですが、

さあ読むぞ!と思っても、なかなかエンジンがかからないし、

読んでも記憶に残らない・・・

 

もっと効率的に本が読めたらなぁ。

本の中身をきちんと理解して、覚えられたらなぁ。

私の切なる願いでした。

 

そんな思いをもっていた時、10月にある本を偶然手にしました。

 

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書) 新書 – 2006/11/1

手嶋 龍一 (著), 佐藤 優 (著)

Amazon CAPTCHA

  

アフィリエイトの設定はしていませんので、

リンクから皆さんが本を買われても私には一銭のお金も入りません。

どうかご安心を・・・(笑)

 

手嶋龍一さんは、アメリカの同時多発テロ9.11の時に

NHKのワシントン支社にいて、報道していた人です。

その的確な報道がすごいなーと思ってました。

その人の本か・・・と思って手にしました。

もう一人の人との対談形式の本でした。

 

そのもう一人の人。私はそれまで全く存じ上げていませんでした。

佐藤優さん

何か良くある名前、って思ってしまってました。すみません。。。

すごい人だということが読んでいるうちにようやくわかりました。

 

東西冷戦時代の、

手嶋龍一さんは西側諸国に対して、

佐藤優さんは東側諸国に対して、

情報収集のエキスパートでした。

こういった方々をインテリジェンスという、というのも初めて知りました。

 

そこでふと疑問に思いました。

佐藤優さんという人は外務省に勤めていたようだが、

どうも若いころから当時のソ連や東欧諸国に興味があったとある。。。

なぜ、興味があったんだろう・・・と不思議に思っていたら、

これまた偶然に、

 

先生と私 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2016/4/12

佐藤 優 (著)

Amazon CAPTCHA

 

を手に入れたのです。

 

佐藤さんがソ連や東欧に惹かれていった経緯が克明に描かれてあり、

圧巻されながら読みました。

 

他に本は書かれているかな?

と思っていると、

 

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 単行本 – 2012/7/27

佐藤 優 (著)

www.amazon.co.jp

 

これを見つけました。

佐藤さんの本はすべて偶然に見つけたものが多いのです。

何か三度もあると、運命なんじゃないかと思うくらいです。

お顔はちょっと怖いですけど(笑)

同じ猫好きだから、きっと良い人・・・のはず(苦笑)

 

f:id:ugrade:20170530090951j:plain

 

この本を読むころには今年になっていました。

もっと効率的に本が読めたらなぁ。本の中身をきちんと理解して、覚えられたらなぁ。

そう考えていた私にはピッタリの本でした。

 

いわゆる速読法は書かれてはいません。

読書に対する考え方と方法です。

速読法は他の本を読んで習得しろ、と書いてあります(苦笑)

 

そこで速読法の本を読みました。

何が良いのかわからないかったので、Amazonでとりあえず検索して、

タイトルから良さそうなものを4冊チョイスして買いました。

 

うち2冊は、眼球の動きの訓練から始まるもので、

即座に本棚行きとなりました。

1ページを映像としてとらえるなんで芸当は無理です。。。。

 

残りの2冊は参考になりました。

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫) 文庫 – 2014/4/12

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫) | 宇都出 雅巳 |本 | 通販 | Amazon

 

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫) 文庫– 2010/4/

齋藤 孝 (著)

Amazon CAPTCHA

うまくAmazonのキャプチャができない・・・

 

これらの本は、私の読書に画期的な革命をもたらしてくれました。

明日は、そこから学んだ私の読書法について(まだまだ発展途上ですが)

ご紹介したいと思います。

それでは、また明日。

 

あ、繰り返しますが、アフィリエイトのサービスの設定はしてません!

お金目的ではないですので、ご興味ある方はご自由にお買い求めください。