Ugrade 人材育成の道すがら

人材育成の道すがら、考えたこと・気づいたことを書き綴ります

積読本を読む

ビジネストレーナーの安部です。ユーグレードで、研修プロデュースや人材育成に関するコンサルティングをしています。

 

積読・・・つんどく・・・

 

本を買ったは良いが、読まずに積んでおく本。たくさん積まれて、まるで壁のようになった場合もある・・・

 

という積読本の定義。私は、こう定義しています。

 

皆さん、積読本って、ありますか?

 

私にもたくさんあります。本をたくさん読んでいるようなブログを書いている割に積読本も意外とたくさんあるんですよ(苦笑)。

 

積読本も私には二種類あります。一つはどうしても読みたい、もしくは、読まなければならない本。もう一つは、時間があったら読もう、と思っている本。

 

ハッキリ断言します。後者はたぶん読みません。。。(笑)

 

f:id:ugrade:20170710095200j:plain

 

ところで、積読本って、どうしてできると思いますか?

 

書店に行って、あるいは、Amazonなどのネット書店のサイトに行って、「お、読みたいな」と思った本を買います。その際、一冊ではなく、複数冊買います。滅多に買いに来ないし、とか、まとめて配送料をタダにしたいし、といった理由からです。

 

買って帰って、あるいは、送られてきて、手に入れた本はどこに置きますか?

 

はい、机の上とか書棚の空いているところとか、はてまた床の上とか、「すぐ読むから」という理由で、手近なところに置きますよね。そこで、「積読本、完成!」です。

 

そこで、その本を読むモチベーションが一番高い時はいつでしょう?

 

書店で「読もう!」と思って手に取った時、ネット書店で買い物かごに入れた時、この時が一番モチベーションが高いです。でも、積読本になった時はどうでしょうか?

 

書店で買って帰った時、その重さにうんざりきてたり、外の暑さ寒さに疲れてたり、で、「読もう!」と思っていた気持ちは右肩下がりになっていて、「まあ、後で読むからいいや」と思ってしまいます。

 

私なんか、Amazonで買うので、送られてきた時、「あれ? こんな本、買ったっけ?」と買ったことすら忘れていることが多いです。配送間違い?って何度調べたことか・・・(汗)

 

このダダ下がりのモチベーションを再度上げる方法が実はあります。

 

積んでおくのです。その代わり、背表紙(本のタイトルが見える方)がきちんと見える方向に置いておきます。そして、たまに眺めます。毎日眺めるとプレッシャーを感じてしまうので、たまに眺めるというのがコツです。できれば、買ったことを忘れてしまうくらい間を空けます。

 

すると、本と新しい出会い(再会ですが・・・)が起こります。「お、この本、読みたいな」と思える出会いができるのです。

 

もともと本の中身に興味があって購入したのですから、再び興味が湧いてくる可能性が高いのです。再び出会った時も新鮮な興味と読みたいという感情を持つことができます。その時がチャンスです。

 

その本との出会い(再会)を感謝して、読み始めてください。

 

f:id:ugrade:20170710103837j:plain
日の出の写真 出会いに感謝

 

私は積読が悪いことだと思っていません。買いに行く手間が省けてラッキーとすら思っています。積読を想定して、その本たちを置く場所を用意しています。その本たちからの「読んで」アピールを受けつつ、読みたい本を選ぶ・・・なんか幸せですよね。

 

その積読本の中から、何日たっても興味が湧いてこない本があったら、少し離れた本棚にそっと移動します。おそらく、そのままお別れすることになるかもしれません(捨てる、あるいは売却する時に再び判断しますが)。きっと買う時は一時的な熱情を感じたのでしょうけれど、その熱情が復活することがなかったのでしょうね。

 

こんな不幸な本との出会いを少しでもなくすために、私はAmazonで買うことにしています。意外と不幸な本との出会いはリアル(いわゆる普通の)書店の方が多いのです。表紙の雰囲気や手触りとか本の厚みとか、文章以外の部分で「良いかも」と思ってしまうと、結局読まずに終わってしまうようです。その点、Amazonだとその本の中身を文章だけでしか判断できないので、もっと冷静な判断ができるような気がします。

 

もっともAmazonだと、カートの合計金額が常に表示されているので、現実的な金額にいつも気持ちを突き付けられています。それが、更に書籍の選択をシビアにさせます。書店だとレジに行ってから、「予算オーバーだから買うのを辞めます」って言いにくいですよね。。。書籍だけでなく、買う品物の金額を暗算で計算するのが苦手です・・・

(笑)

 

積読になっても気にせずに、いつかその本に再度「恋」して読んでいただけたらな、と思っています。モチベーションを上げた時の感情は、一種の恋ですよね。モチベーション論者から怒られそうな話ですが・・・(笑)

 

明日は、腹が立つ本について話したいと思います。

それでは、また明日。

------------------------------------------- 

 セミナーのお知らせ

~教え方の教え方シリーズ~第2弾

「ないない」尽くし社員の教え方

日時:2017年8月10日(木) 18:30~

場所:大分市 ホルトホール大分 セミナールームS

費用:3,000円

  • 学習しない
  • 言われたことしかしない
  • 気づかない
  • 自分でモチベーションをあげられない
  • 他人と交流しない

このような後輩・部下を持ってお困りの方向けの教え方セミナーです。

メール、FAX、Facebookページのイベントからお申し込みいただけます。

 ※Google検索エンジンで「ユーグレード」と入力して検索していただけると、Facebookページがトップに表示されます!!

www.ugrade-japan.com