人材育成の道すがら

人材育成の道すがら、考えたこと・気づいたことを書き綴ります

テーマと結論は同じではない

ビジネストレーナーの安部です。ユーグレードで、研修プロデュースや人材育成に関するコンサルティングをしています。

 

今週は私のブログの書き方についてお話をしています。

 

本文を書く時に私が気をつけている点について、今日はお話します。

 

テーマを決めてから書くということは何度もお話してきた通りです。テーマが決まれば、次のステップは本文を書く、ということなのですが、そこに意外と大きな落とし穴があります。

 

それは、テーマと言いたいこととは違うということ。

 

今週はブログについて書くというテーマです。でも、言いたいことは習慣化についてなのです。気づかれましたか? カテゴリーが「習慣化する方法」になっていることに。今回わざとテーマと言いたいことを別にしたのですが・・・わかりませんよね。。。(汗)

 

ここで気をつけるのは、言いたいことを先に書いておくこと。起承転結の「結」の部分ですね。「起」の部分から書き始めるとダラダラ書き綴ることになり文字数が多くなってしまいます。また、下手をするとテーマからだんだん外れてしまう可能性もあります。

 

大まかにテーマを決めていても、「書く」という詳細な作業をしているうちに内容がずれてくることが良くあります。細かいところを見つめているうちに視点がぶれてしまうのです。

 

f:id:ugrade:20170726213813j:plain

 

良くあるパターンを例としてあげます。旅行記を書くと決めてブログを書くとします。この「旅行記」はテーマです。

 

最初は初日に出会った人々との交流を書いていたのですが、書いていくうちにだんだんと二日目のショッピング中に見た商品が気になったとします。その商品の使い道や飾る場所などを書き綴り始めると、言いたいことが最初と大きく異なってきます。

 

旅行記はテーマだと私は考えています。そして、旅行で見たある商品について自分の独特な使い道は、言いたいことです。

 

本日の言いたいことは、結論を先に書いておくと話がずれない。どうしても細部を書き始めるとずれてしまうことを止めるための習慣です。

 

誤解をしてほしくないことは、ブログの内容の順番で結論を最初にする、と言っているわけではありません。パソコンで書けば、順番の変更は簡単です。この日は○○が論点だ!とメモのように記述しておくことで、ずれることなくクオリティ(品質)が保てるということなのです。

 

私がこのような書き方をするのも、土日に一週間分を書くためです。木曜日ごろになると、今週のテーマって何だったっけ? 今日のテーマは何だったっけ? と記憶が薄れてきてしまいます。ある程度書いてあるとしても、最後の仕上げは何日か後になるので、論点がずれてしまうことが起きかねません。

 

それを防ぐための習慣にしたのが、結論を先にメモっておく、ということです。

 

f:id:ugrade:20170726214211j:plain

 

実は本日のブログは、当初決めていたテーマとは異なる内容を書いています。こんなことは今までに何回かありました。土日に書いたのですが、どうも一週間通してみると○曜日の分の内容がずれているな、と思うと、しっくりくる内容に突然変更します。

 

突然と言っても前日では厳しいので、たいがいは木曜日か金曜日の分です。火曜日の分だったら、何とか順番をずらして後半に回してしまいます。

 

そして、投稿する予定だった内容は、切り取って、パソコンのファイルの一つにサランラップしておきます。もし、テーマが見つからない、という事態になったら、このファイルを読み返せば、さまざまなテーマがてんこ盛りになっています。いわゆる「ネタ帳」になるのです。今ではWordファイルが10ページを超えています。

 

これもブログを書くことを習慣化するためのコツの一つかもしれません。今日、本当ならお見せするはずだったお話はまたの機会に。それまでの秘密です。

 

明日は、ブログのタイトルのお話をします。

それでは、また明日。

------------------------------------------- 

 セミナーのお知らせ

~教え方の教え方シリーズ~第2弾

「ないない」づくし社員の教え方

日時:2017年8月10日(木) 18:30~

場所:大分市 ホルトホール大分 セミナールームS

費用:3,000円

  • 学習しない
  • 言われたことしかしない
  • 気づかない
  • 自分でモチベーションをあげられない
  • 他人と交流しない

このような後輩・部下を持ってお困りの方向けの教え方セミナーです。

メール、FAX、Facebookページのイベントからお申し込みいただけます。

 ※Google検索エンジンで「ユーグレード」と入力して検索していただけると、FacebookページとWebページがトップ、トップ2で表示されます!!

www.ugrade-japan.com