読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ugrade 人材育成の道すがら

人材育成の道すがら、考えたこと・気づいたことを書き綴ります

研修を受けるのはメンドイと思う

ユーグレードの安部です。研修プロデュースや人材育成に関するコンサルティングをしています。ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?

新入社員研修もそろそろ終わって5月から職場に配属されたころでしょうか。以前、勤務していた会社は新入社員研修が8月くらいまであっていましたが、通常の会社では1か月でも長い方ではないでしょうか。

通常の会社員の方は、新入社員研修を受けた後はほとんど研修を受けることもなく、次の機会は管理職になった頃に受けるといった感じでしょうか。その頃は責任のある仕事を任されて、仕事をこなすスキルもやる気もみなぎっていて、明日から研修かぁ、と考えると、「メンドイ」と感じるのではないでしょうか。

確かに研修を受講することは面倒です。いわゆる研修スタイルは、日常から離れて教室のような場所に座り、先生の話をただ聞くだけ。。。と考えると面倒ですよね。学生時分であれば、それが日常なので、面倒だけど仕方ない、という気持ちで受けていたけど、社会人になってまで、と思うと本当に面倒です。その上に、仕事をしないと溜まる一方なのに仕事ができないジレンマ! せっかく責任ある仕事を任せられているのに仕事ができないジレンマ! たとえ普段、仕事したくねぇーなーと思っていたとしても(あくまで仮説ですよ)、研修の日だけはメールや電話が気になる仕事一筋人間になったりします(笑)。

なぜ、研修は面倒なのでしょうね。

答えは簡単です。

日ごろと変わったことをするからです。

ヒトはいつも通りだと安心しますが、そうでないと緊張します。

普段と違う、ってのが、ヒトにとってストレスフルだしメンドイことなのです。

研修がメンドイのは、そのせいなのです。

でも、理由はもう一つあります。それは・・・また、明日。

 

5月19日にセミナーをします。Facebookのイベントページからお申込みください。

教え方の教え方 ~人材育成のためのセミナー~ 入社2~3年目社員の育て方