人材育成の道すがら

人材育成の道すがら、考えたこと・気づいたことを書き綴ります

品質を向上させるコツ

前回は仕事のやり方の中でも「納期」の考え方を身につけさせるお話をしました。 今回は、「品質」の考え方を身につけさせるお話をします。 特に、要求された品質のものを生み出せない社員に対する育成のコツです。 前回までの概要 チーム会社とは、スポーツ…

納期を守らせるコツ

今日は今までお話ししてきた人材育成の中で仕事のやり方の教え方を少し深めてお話しします。 前回のお話 ugrade.hatenadiary.jp というのも、教える側である社長も今までプロジェクト系の仕事をしていないという方もいらっしゃるためです。 仕事をうまく管理…

リフレクションの力

今日は今までお話ししてきた人材育成の中でリフレクションについてお話しします。 リフレクションとは、ふりかえりのことです。 ですが、今までキチンとリフレクションをしていないと思います。 キチンとリフレクションをすれば、その学習効果は高いものにな…

人間関係の構築の教え方

今日は人材育成の中で人間関係の構築をどのように教えるのかについてお話しします。 特に人間関係を構築するのが苦手と思っている社員、コミュニケーションがうまくない社員を対象に教える場合を取り上げます。 前回までの概要 人間関係が一番難しい? 人間…

仕事のやり方の教え方

今日は人材育成の中で仕事の進め方をどのように教えるのかについてお話しします。 前回までの概要 仕事のやり方とは 今までは教えるのではなく管理だった 管理ではなく社員自ら責任を持たせるために 仕事のやり方の教え方 納期を管理する能力を身につけさせ…

技術・知識の教え方

今日は人材育成で多く取り入れられている技術や知識の伝え方についてお話しします。 前回までの概要 技術を教える基本的な考え方 一子相伝の技術の教え方 一般的な技術の教え方 知識を必要としない技術の教え方 技術に関連する知識を教える 背景知識が生じて…

根性が足りないからできない?

チーム会社が発展するには社長自身で人材育成をする必要があるということで、これまでお話をしてきました。 今回は、良くあるはなしとして「根性が足りないからできないんだ」というテーマでお話しします。 人を育成する時、育成される側の根性は必要と思わ…

人材育成の基礎は「信頼感」

チーム会社が発展するには社長自身で人材育成をする必要があるということで、これまでお話をしてきました。 今回は、人材育成の基礎は「信頼感」というテーマでお話しします。 前回までの概要 信頼とは何か 信頼されるとどうなるのか 信頼されるためには ま…

人材育成技術の基本

チーム会社が発展するには社長自身で人材育成をする必要があるということで、これまでお話をしてきました。 今回は、人材育成の技術について概略をお話しします。 前回までの概要 人材育成の技術 1.技術・知識 2.仕事そのもののやり方 3.人との関わり…

社長が考える「あるあるづくし社員」は

前回までの概要 チーム会社とは、スポーツチームを構成できる人数規模の会社 ないないづくし社員とは、やる気がない、自分から動かない、といった会社にとってダメージを与える社員 あるあるづくし社員とは、常にやる気があって、会社の業績をアップさせる行…

現在の社員の状態を把握する

さて、今回から人材育成の実際についてお話ししていきます。 チーム会社のようなスポーツチームを構成する人数の会社ではなかなか研修を行うだけの予算と時間がないというお話を以前よりしてきました。 だからこそ、社長(もしくは上司)が人材育成を行う方…

人材育成をする前の心がまえ

今の社員は、あるあるづくし社員ですか?それとも、ないないづくし社員ですか? これらの言葉についてはそれぞれ以下を参照ください。 あるあるづくし社員で会社を盛り上げる - 人材育成の道すがら 困る「ないないづくし社員」 - 人材育成の道すがら ないな…

あるあるづくし社員で会社を盛り上げる

基本的にチーム会社では豊富に人材を確保する余裕がありません。 だからこそ、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮して頑張ってもらわないとチーム会社の業績は上がっていきません。 チーム会社が発展するのに有効なあるあるづくしの社員はどんな社員でしょ…

困る「ないないづくし社員」

今日は、チーム会社を悩ませるないないづくし社員についてお話しします。 チーム会社については前回のブログを参照ください。 ugrade.hatenadiary.jp ないないづくし社員とは ないないづくし社員の弊害 ないないづくし社員発生の原因 1.良い子信仰 2.学校…

「チーム会社」が発展するには

「チーム会社」が発展するにはというテーマで今日はお話しします。 「チーム会社」って何? まずはここからお話しします。 ちょうど、チームスポーツができる人数程度の会社ということです。 中小企業という括りは幅が大きすぎるといつも感じていました。 中…

話を素直に解釈するの難しさ

コミュニケーションという言葉に出会ったのはずいぶん昔で、いつだったのかは覚えていません。 でも、「会話」や「話をする」という意味でなくどちらかというと「意思疎通」という方に近い、と感じたのは、ここ15年くらいですね。 相手に自分の意図が伝わる…

今だからこその働き方改革

コロナ禍によるテレワークが呼びかけられた今年。 世の中には「テレワーク」という言葉すら知らなかった方もおられるのではないかと思う。 要は、自宅のパソコンで会社の仕事をする、ということ。 インターネットにほとんどのパソコンがつながっているからこ…

仕事で使う語彙を増やす

語彙を増やすには読書が一番と思い込んでいませんか? 実は読書をしただけでは語彙は増えないのです。 そもそも語彙を増やしたい理由は何でしょう。 仕事でお客様向けメールなどの文章を書く際により伝わる文章を書きたい、ということでしょうか? それとも…

巣ごもり生活を楽しんだ

こんにちは! ここのところのStayHomeで、巣ごもり生活を送っておりました。 って、単純に仕事がなかったから(涙 泣いてても仕方がないので・・・ 昨年末から今年の3月まで、仕事がほとんどないことはわかっていたので、その間に何をするのか、年末の時点…

夢を叶えたい時気をつけること

ぼんやりと家の中にいることが増えています。 家の中にいることは嫌いじゃないので、読書をしたり、仕事に関する学習をしたりして過ごしています。 そんな時、本棚から昔読んだ本が出てきました。 そこで一気にこの本を本棚に収めた時のことが思い出されてき…

行動すると夢が叶うって?

こんにちは。 前回、何か行動を始めようと考えている、ということで、行動をした結果について今回はお話ししたいと思います。 行動をして1カ月強。 思いもよらなかった結果が表れてきています。 今までスルーされがちだった見込み客とのファーストコンタク…

素敵な人生を歩みたいならば

今回は少し方向性を変えて自分自身に対しての戒めも含めて素敵な人生を歩みたいならば、と題して話したいと思います。 あなたの今の人生は素敵な人生ですか? と問われた時、どのように答えますか? 私は、「今の人生は素敵です。でも、もう少しこうしたいと…

悪い習慣をなくす教え方

もし、あなたの後輩が毎日遅刻をしてきているのなら、どうしますか? 注意しても叱っても精巧な時計を送ってもなかなか遅刻をすることが改善されません。 その人にとって「遅刻をする」ということが習慣化してしまっているので、どうしても遅刻をしてしまう…

記憶しやすい知識の教え方

人に教える方法は、一つではない、という話は以前しました。 万人に教える方法は万通りある、ということですね。 ugrade.hatenadiary.jp だからといって一人ひとりに合わせた方法を模索していたら、本当に大変です。 だから、今回は技術編としてテクニックの…

年末まで新年の計を維持

あけましておめでとうございます。2020年が来ました。 今年はどんな年になるのでしょうか。 それは誰もわかりません。でも、一つだけわかっていることがあります。 今年実現したいという夢があれば「行動」しなければ「実現」しない、ということ。 ここ数年…

未来の不安を解消するために

今年もやりました。 やりたいことリスト100(苦笑) 昨年の12月に死ぬまでにやりたいこと100をリストアップしたのですが、今回は、来年2020年にやりたいこと100です。 ugrade.hatenadiary.jp 1年間にやりたいことです。 1年間だと366日(来年はうるう年)…

万人がわかる教え方とは

万人がわかる教え方とはというタイトルの記事ですが、結論から申し上げます。 万人がわかる教え方はありません。 「教える」という業務には、「教える」という立場の人間と「教わる」という立場の人間がいます。 そして、「教える」立場の人間にはその人独自…

相手の腑に落とし込む教え方

研修を始めて今年で21年目です。 いつも悩むのが、この人にとってこの教え方で大丈夫だろうか、ということです。 講師によっては、決まった脚本を暗記しそれを忠実に話す、という人もいます。 ある意味うらやましいですが、私は20年間、一人ひとりにマッチし…

お客から「これ、お願い!」と言われた時

前回は、上司から仕事が振られることについてお話ししました。 ugrade.hatenadiary.jp 今日は、お客から突然「これ、お願い!」と言われた時についてお話したいと思います。 いやー、このテーマで思いつくのは以前の会社でお世話になったお客様です。 作業が…

仕事が突然降ってくる~!

先日、稲刈りをしました。 家族で食べる分だけの小さな田んぼなので、別に農家ではありません。 それだけに大型機械を入れることができず、小さな古い機械をだましだまし使いながら、家族総出で稲刈り作業をします。 田んぼの管理は、すべて家人に任せていま…